これまでに流行った食べ物ダイエット

これまでに数え切れないほどの食べ物ダイエットが流行りましたね。
テレビや雑誌で取り上げられたとこがきっかけで大ブームとなることが多く、大流行時にはスーパーマーケットからその食材がなくなる程です。
低カロリー食材だったり、カロリーの摂取が抑えられたり、新陳代謝が良くなったりと様々なダイエット効果があります。
単品ダイエットと違い、健康面の不安も問題なく長期目線で継続的に続けることができます。

 

納豆ダイエット

納豆ダイエットは本当に一大ブームになりましたね。
ダイエット方法は至って簡単で、1日1パックの納豆を食べるだけというもの。
納豆には、脂肪を燃焼させる効果や、肥満を予防する効果があり、その他、美容面にも優れた栄養がたくさん含まれています。
ご飯と一緒に食べても良し、食事の前に食べて満腹感を得るのも良し。
納豆自体が安くてとても手に入れやすい食材なので継続的に続けやすいダイエット方法ですね。

 

朝バナナダイエット

その名称の通り、朝食にバナナを食べるというもの。
常温の水と一緒に食べたいだけバナナを頂きます。
バナナには多くの酵素が含まれているため、体内の老廃物を排出してくれるデトックス効果があります。
バナナは、食物繊維も豊富で満腹感もかなり得られるのでおすすめです。
また、バナナにはダイエットの敵、冷えやむくみを解消してくれるカリウムも豊富に含まれているんですよ。

 

寒天ダイエット

こちらもテレビ番組で紹介されて話題になったダイエット方法です。
寒天は、噛みごたえあってカロリーも低くてダイエットにぴったりな食材です。
なによりも、寒天の食物繊維に注目が集まったようです。
寒天ダイエットの方法は、食事の前に寒天を食べるというもの。
そうすると、寒天に含まれている食物繊維のおかげで、血糖値の急上昇を抑える効果や、コレストロールの吸収を抑える効果が期待できるんです。

 

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットとは、インシュリンの分泌を抑える食材を選ぶというもの。
インシュリンが過剰に分泌されてしまうと、エネルギーとして消費されずに脂肪として体内に蓄積されることになってしまうのです。
血糖値の上昇率を表したGI値(グリセミック・インデックス値)が高い食材を避けて低い食材を積極的に摂取することでインシュリンの過剰な分泌を抑えることができます。
大まかにいうと、GI値が低い食材として、野菜や、肉類、ナッツ類、きのこ類があります。
逆にGI値が高い食材は、パスタ、パン、白米、とうもろこしなどがあります。

 

ビール酵母ダイエット

これも流行りましたよね。
ダイエットの方法としては、ビール酵母をヨーグルトに混ぜて1食置き換えるというものです。
ビール酵母には食物繊維がたくさん含まれているので満腹感が得られるんですね。
ビール酵母には、食物繊維の他にもアミノ酸や、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養素が含まれています。
1食分を置き換えるだけでいいので手軽にストレスなく続けられそうなダイエットですね。